朝の時短!ボサボサな寝癖を簡単に治す方法☆

美容室,タイミング,周期,髪型hair

寝癖ってどんなに気をつけた寝方をしても必ずついてしまいますよね。

毎朝起きるととんでもない寝癖がついている・・・って人も多いと思います。

さすがに大人の身だしなみとして寝癖のままで外に出ることはできないですよね。

寝癖を綺麗に直す方法として一番いいのが「朝シャンプー」をすることです!

髪の毛を全体しっかりと濡らしてシャンプーをすることでふんわりとボリュームのあるスタイルになります!

皆さんも美容師さんに「朝しっかりと濡らしてください」って言われていると思います。

しかし実際にしっかり濡らしてセットしている人はかなり少ないです。

美容師さんに言われているにもかかわらずなかなかできないというのは、

めんどくさいからです!!

ただでさえ時間のない忙しい朝にいちいち全部濡らして乾かしていたら遅刻してしまいます。。。

かといって寝癖を直すために早起きするぐらいならもっと寝ていたい!って思う人も多いと思います。

そんなボサボサな寝癖を簡単に綺麗に直せたら毎朝バタバタせず優雅な朝を迎えれると思いますよね♪

そこで私がオススメする簡単でしっかり寝癖を直す方法をご紹介します☆

寝癖はなぜ付くの?

一言で寝癖と言ってもいろいろな付き方があります。

寝癖の特徴に合った直し方をしないといくら頑張って直してもなかなか直りません。

なのでまず寝癖の特徴をご紹介します。

根元が潰れる寝癖

寝ている間、髪の毛はずっと枕と頭に押し潰された状態になっています。
長時間潰された状態が続くと潰れ跡が付いてしまいそれが寝癖となってボリューム間を無くしてしまいます。
また根元が潰れてしまっていると毛が折れた感じになりハネる原因になります!

髪が絡まる寝癖

寝癖で髪の毛が絡まる原因は寝相です。
寝相が悪いと髪の毛が擦れる回数も多くなるので絡まりもひどくなります。
絡まりはロングの人ほどよく絡まりやすくなりますが、ショートや男性でも寝方によっては絡まる人もいます。

髪が擦れてボサボサになる寝癖

寝相が悪いと枕などに髪の毛が擦れて摩擦が起きボサボサ頭になってしまいます。
特に夜乾かさずに寝たりするとキューティクルもガサガサになりよりボサボサな頭になってしまいます。

分け目が割れる寝癖

もともと分かれ癖がある人やつむじが後頭部ら辺にある人は朝起きるとパックリ分かれ癖が付く人が多いです。
分かれ寝癖があるとボリュームが出ずにぺたんとしちゃいます。
またそのまま放置しているとより跡がつき分かれやすくなります。

寝癖を直すのに必要な道具

一度付いた寝癖は手ぐしだけでは直りません。

かといって寝癖直し剤など特別な物を準備する必要もありません!

  • ドライヤー
  • クシ
  • スプレイヤー

だけで寝癖は簡単に直ります!

ドライヤーは、いつも夜乾かすために使っているドライヤーでOKです。
あればクルクルドライヤーだとより簡単に寝癖が直せます!

クシは、ブローの時に使う物や引っかかりの少ない「タングルティザー」などがオススメです。
絡まりを取るために使いますのでショートの人は無くても大丈夫です!

スプレイヤーは、100円ショップなどにある霧吹きで大丈夫です!

水(お湯)は、頭皮に直接つけるので寝癖直し剤より水(お湯)がオススメです!

時短で簡単な寝癖の直し方

髪の毛,絡む,悩み

寝癖を直すのによく毛先だけ濡らしてブローで直す人が多いです。
また洗面所でサッと濡らしブローをする。
しかしこの方法では寝癖は直りません。
寝癖の原因のほとんどは「髪の根元」にあります!
根元をしっかりと立ち上がらせなければ直っても一時的なもので時間が経つとまたハネるようになります。
なので寝癖直しは根元から直す必要があります!

1、クシで全体の絡まりを取る。

まずクシで絡まった髪の毛を綺麗に解いて絡まりを無くします。

この時、絡まった毛に無理矢理クシを入れて強引にとかないようにしてください!強引にとくと髪の毛が切れたり抜けたりしてしまいます。

絡まりがひどい時はクシを入れる前にざっくり手ぐしで解くのがオススメです!

2、スプレイヤー(霧吹き)で寝癖部位の地肌を濡らす。

ここが一番大事です!

寝癖の原因は根元です!

根元が潰れた状態でいくら毛先を直しても寝癖は直りません!

スプレイヤーで寝癖が気になる根元の地肌を濡らして寝癖をリセットしてください!

トップにボリュームが欲しい人はトップも濡らすのがオススメです!

同様に分かれ癖の根元も濡らしてください!

3、ドライヤーで大きく動かしながら乾かす。

根元を濡らしたらドライヤーでしっかり乾かしてください!

この時に頭の丸みに合わせて手で頭を撫でるように乾かしてください。

左右前後といろいろな方向に動かすことによって頭の丸みで根元が立ち上がりふっくらとした仕上がりになります!

※時間のない時は濡らさずにドライヤー作業だけでも根元が立ち上がり寝癖が直ります。

長さ別の寝癖の直し方

寝癖は長さによって付き方が変わります。

ロングやミディアムの人は髪の長さがある分寝癖が目立ちにくいです。

しかしショートやメンズは髪の毛が短く軽さもあるので寝癖が付きやすいです。

ロング&ミディアムの寝癖の直し方

ロングやミディアムは長さが十分あり寝癖を誤魔化しやすいです。

なのでハネなどが目立たない程度であれば絡まりを取ってから巻き髪で誤魔化すのがオススメです!

MIX巻きで毛先にランダムな動きを付ければ寝癖もわからなくなります!

ただしトップのふんわり感は根元を濡らしてドライヤーをかけないとなかなか出ません。

ショート&メンズの寝癖の直し方

ショートやメンズは髪の毛が短くスキバサミで軽くもなっているので寝癖は必ず付きます。

ショートやメンズは髪の毛が短い分乾かすのも早いので全部濡らすのが一番いいです!

短い髪ほどトップのボリュームが大事になります!

めんどくさいですが毎朝しっかり濡らしましょう!

でもそれでも時間のない人は、濡らさずにドライヤーで髪の毛を大きく動かしましょう!

濡らさ無くとも根元の立ち上がりは出せます!なのでショートならドライヤーだけでも寝癖は誤魔化せます。
※さすがにベリーショートは濡らしてください・・・

しかし寝ている間に頭皮に油分が多くなるのでしっかり朝シャンプーをしないと1日のスタイル持ちは変わってきます。

まとめ

寝癖は誰でも、どんな髪の長さ・スタイルでも付きます。

毎朝シャンプーして寝癖を直すのが一番いいですが朝の時間は短いです。

少しでも長く睡眠をとるためには朝の時短が必要です!

いかに時間をかけずに寝癖を直し、毎日綺麗にかっこよくいたいですよね!

そのためには効率よく理にかなった直し方で無駄のない寝癖直しは大事です!

今まで寝癖を直すために長い時間をかけていた人や寝癖を諦めていた人は是非この方法で一度試してみてください☆

コメント