独学で学んだ室内でのサロン撮影テクニック《ストロボ照明編》

撮影,機材,照明other

こんにちは!

撮影をすると何かと時間がかかりますよね。

カットやカラーなどの施述→スタイリング→撮影→編集→投稿。

一つの撮影をするだけでもかなりの手間と時間がかかります。

私は撮影するとなると3〜4時間はかかってしまいます。

その時間の予約はストップしないといけません。

なのでなかなか営業中での撮影はできないんです・・・

そうなると休みの日か営業後の夜にしか撮影ができないのです。

休みの日も限りがありプライベートも欲しいので基本的に撮影は夜が多いです。

しかし夜の撮影は「自然光」ではないのでなかなか難しいです。

私も夜の撮影はかなり苦労しました。

自然光とは違い夜は光が少ないのでなかなかいい写真が撮りづらいです。。。

私みたいに夜しか撮影ができないって美容師さんも多いと思います。

そこで今回は私の夜での撮影方法をご紹介します☆

昼間の「自然光」での撮影方法はこちらをご覧ください☆
↓↓
【独学で学んだ室内でのサロン撮影テクニック《自然光編》】

照明機材がないと撮れない

撮影,機材

お店の照明だけですと明るさが足りずいい写真が撮れません。

そのため他から光を足さなければいけさせん。

夜での撮影は照明機材が必須です!

カメラに付属のフラッシュでは正面からしか光が当たらないので写真が硬くなりすぎてスタイル写真っぽくはならないです。

なのでまず照明機材を準備しましょう!

<オススメ照明機材>

「スピードライト」

とりあえず持っておいた方がいいのがスピードライトです。
いろいろな角度に光を持っていけるのでこれだけでも十分な撮影ができます。
あと電池なのでどこでも使えて便利です!

「ストロボ」

スピードライト以上に光が欲しい人はストロボがオススメです。
より綺麗な撮影や作品撮りなどクオリティを求めるなら必ず必要になります!

「スタジオライト」

柔らかな光が欲しい時に使います。
電球タイプなのでストロボより明かりはないですが影ができにくいので初心者にはオススメです。

ちなみに私は全部持っています。w

初めにスタジオライトを購入ししばらく使っていましたがよりクオリティを求め、

スピードライトとストロボを購入しました。

今ではスピードライトとストロボのみで撮影をしているのでスタジオライトは使っていません。

コンテストや作品撮りをしたい人はスタジオライトで影を消したりできるので持っていると便利かもしれないです!

機材の使い方

撮影,機材,照明

一つの機材でも撮影はできますが複数の照明があった方がよりいい写真が撮れます。

夜の撮影は光を全て作らないといけないので照明機材が一番重要になります。

また光の当て方によって雰囲気もだいぶ変わります!

どこに光を持っていったらどんな写真が撮れるかを理解しましょう!

スピードライト上向き

上に光を当てれば天井に反射して全体的に光が当たります!あまり影を作りたくない撮影には上向きがオススメです!

撮影,光の当て方

スピードライト横向き

横から光を当てると当てた方に強く光がいきます。光が当たっていない方は影ができかっこいいイメージになりやすいです!

このように光を当てる向きによって写真のイメージを変えれることができます!

作品撮りやイメージに合わせて雰囲気を変えるとより楽しく撮影できます!

こうゆう写真はインスタなどSNSに載せるとかっこいいですよね☆

ただあまり作りすぎるとヘアカタ撮影には不向きなので一作品として楽しんでください♪

自然光っぽく撮る方法

ここからは私が普段やっているライティング方法をご紹介します☆

私は夜の撮影でも昼間っぽく撮りたいので「自然光」みたいな光の当たり具合をしています!

イメージとしては窓から光が射し込んでくるイメージです!

使う機材は、スピードライトとストロボです。

あと光を遮る棚や板など大きな仕切りを準備してください!

直接光が当たらなくなればなんでも大丈夫です!

個人的に赤い光は嫌いなのでサロンのオレンジのライトは消して撮影しています!

まず撮影した写真がこちらです!

撮影,スタイル

これは完全に陽のない夜に撮影しています!

ポイントは右から光が射し込んでいるみたいに強く光を当てています!

右側に強いストロボ、上に向けてスピードライトを当てています!

ストロボは直に光がモデルさんに当たらないように間に棚を置いて光を制限しています!

強いストロボであれば棚の隙間から入った光で十分なんです!

強く当たった光の部分が太陽の光っぽくて自然に見えます!

また髪の毛も光が当たった明るいとこと光の当たっていない暗いとこもあり夜の撮影でも透明感が出ます!

この光具合を出すのにすごく苦労しました!w

光は壁に反射させて当てるのが基本なので自分のサロン内でどれくらいの光がでるか調節しながらやってみてください!

<夜撮影ならではの楽しみ方>

撮影,夜

夜の撮影は光を自分で作るのがポイントです!

なので自然光とは違いどんなイメージの写真も撮りやすくなります!

特にカッコイイ雰囲気をだす撮影は夜にしかできません♪

撮影に慣れてきたら髪の毛メインのスタイル撮影と併用にインスタ用の雰囲気の遊び写真も撮ってみると楽しいですよ♪

撮影,スタイル,夜

これは夜の屋上での撮影です☆

何気ない屋上でも写真にすると雰囲気でますよね!

さすがに夜なので髪型なんかわかりませんが・・・w

完全に雰囲気のみです!w

屋上だけでなく商店街や歩道などどこでも撮影スポットはたくさんあります!

しかし屋外での撮影はスピードライトが必須です!

モデルさんを照らす明かりぐらいはないと真っ暗になってしまいますから・・・

まとめ

夜での撮影の場合は照明機材がないとできません!

照明機材をうまく使えば自然光同様ないい写真を撮ることができます!

また自然光とは違い、光を1から作ることができるので作品撮りや雰囲気撮りには夜の方がベストです!

光の当たり具合を覚えたらいろいろな写真を撮って撮影をより楽しみましょう♪

【一緒に見ておきたい関連記事】
独学で学んだ室内でのサロン撮影テクニック《自然光編》

コメント