独学で学んだ室内でのサロン撮影テクニック《自然光編》

撮影,サロン,自然光other

こんにちは!

美容師のみなさん、スタイル撮影はしていますか?

今は美容師が撮影するのは当たり前のようになっています。

しかしなかなかいい写真を撮るのは難しいですよね。

どうしたらうまい人みたいに撮れるんだろう?っと悩んでいる人も多いと思います。

撮影で一番大事なのが「光」です!

うまい人は光のライティングがうまいのです!

なので今撮影をしている人もこれから撮影を始めたいと思っている人もカメラを買ったら次にライティングの勉強をしましょう♪

ライティングさえわかれば誰でも可愛い写真が撮れるようになります!

まだカメラを買っていない人はこちらをご覧ください。
↓↓
【失敗しないカメラ選び】

自然光が一番

自然,撮影,外

いろいろ照明機材でのライティングもありますが、サロン撮影ではやはり自然光が一番です!

照明機材の光だと硬いイメージになりがちですが自然光だと柔らかい光で自然な写真が撮れます!

ホットペッパービューティーのスタイルでも人気上位のスタイルはほとんどが自然光で柔らかな写真が多いです!

なので撮影をする時間は朝〜昼過ぎぐらいまでがベストです!

また室内撮影ですとお店によって入る光の量が違うので自分のサロンで一番ベストな光が入る時間帯を探しましょう!

光が入りすぎても光でとんでしまうので入りすぎもよくないです。

<サロン内の撮影場所>

サロン室内で撮る場合は明るさが足りないです!

また光の量が一定なので硬い写真しか撮れません。

なので室内で撮影をする場合は窓際がベストです!

窓から差し込む光が一番綺麗に撮れます!

これは好みによりますが私のベストは全面ガラスより小窓ぐらいの光が丁度いいです!

全面ガラスですと光が入りすぎて意外と調節が難しいです。

<撮るポジション>

どこのポジションで撮るかも大事です!

横からの光がいいのか、逆光がいいのか、均等に光があった方がいいのかなど。

美容師さんならご存知だと思いますが、髪の毛に光が当たると透明感が出ます。

その透明感をどう強調するかは光の当て具合によります!

撮影,スタイル,サロンモデル

サイドからの自然光

横からの光は一番多い撮影ポジションです。
窓側の光が当たる部分に強い光が当たり明るく透明感がでます!また逆側との比較ができるのと自然に差し込んだ光っぽくてナチュラルに見せれます!

撮影,スタイル,サロンモデル,逆光

バックからの自然光

逆光からの光は全体を柔らかく見せる雰囲気になりやすいです!ですが普通に撮ると顔が暗くなってしまうので逆光での撮影は「露出設定」を上げて撮るのがオススメです!スタイルを見せるより雰囲気を見せる撮影にいいと思います☆

このように撮る場所、光の当たり具合で雰囲気をコントロールできます!

またその光の量によってもイメージは変わります!

なのでサロン撮影での光のコントロールはすごく難しいです!

ストロボ・レフ板をうまく使おう

自然光での撮影ではストロボやレフ板をあまり使わなくても撮影はできますが覚えておくと役に立ち、より質の高い撮影ができます!

ストロボは光を作り出すアイテム、レフ板は光を反射させるアイテムです。

そんなに高い物ではないのであると便利です!

室内の撮影だと光が当たっていないところが暗すぎる、逆光で顔が暗く見えるなどうまく撮れない状況があります。

その時にストロボやレフ板で光を調節して足すことができます!

<ストロボライト>

カメラ内蔵のライトですと正面にしか光を持っていくことができませんが、後付けのストロボですと上や左右、後ろにも光を持っていくことができるようになります!

基本近い距離でライトは使用しません!
フラッシュで白飛びしてしまうからです。

ですが横向きや上向きにストロボを向けると直接モデルさんにフラッシュが当たらず壁からの反射で明るさが調節できます!

<レフ板>

レフ板は太陽やストロボの光を反射させて使います!

よくあるのがモデルさんの顔に影ができちゃったりします。

これをストロボで消そうとすると光が強すぎるのでレフ板で優しい光を反射させて消します!

大きな機材がなくてもストロボとレフ板があれば大体の撮影はできます!

また撮影日にいつも晴れているとは限りません。

なので雨や曇りの日でも不自由なく撮影をするために準備しておきましょう!

背景も大事!

せっかくこだわるなら背景にもこだわりましょう!

背景が可愛いと全体の雰囲気が良くなりプロの写真っぽくなります!

撮影,スタイル,サロンモデル
撮影,スタイル,サロンモデル

この2つを見ても全然違いますよね!

同じモデルさん、同じスタイル、同じ服でも印象がだいぶ違います!

私はお店を作る時、撮影をメインに考えて作りました!

なのでモデルさん、衣装、スタイルに合わせてお店のあらゆる場所で撮影をしています!

自分の撮りたいイメージに合わせて撮る場所や背景を変えてよりいい写真を撮りましょう!

まとめ

サロン撮影は自然光で撮るのが一番です!

サロン内での撮影なら光のある窓際がベスト!

光の当たり具合を見ながらいろいろな場所・角度で撮ってみましょう!

ストロボやレフ板を使いより自然光の透明感を活かした撮影をしましょう!

背景は雰囲気を決める大事なことです!

可愛い小物やオシャレな雑貨をチラ見せさせるとより自然にハイレベルな写真が撮れます♪

【一緒に見ておきたい関連記事】
独学で学んだ室内でのサロン撮影テクニック《ストロボ照明編》

コメント