【カラー】初めてカラーする人にオススメ!ワンカラーでできる流行りのトレンドカラー☆

ワンカラー,初カラー,トレンド,髪色hair

こんにちは!

初めて(黒髪)のカラーは明るくなりにくく色味が限られてきます。

ですがワンカラーでもトレンドを意識したカラーができます☆

そこで今回は黒髪から染めるオススメトレンドカラーのご紹介です!

これから染めようと思っている高校生などは是非参考にしてください☆

<カラーの仕組み>

カラー剤は明るくする力と色味の濃さのバランスで作られています。

そのため、カラーは明るくしながら色味を入れることが難しく、明るさを求めると色味が薄くなり、色味を求めると明るくしにくくなります。

皆さんが憧れるハイトーンカラーはブリーチでベースの髪を一回明るくして、明るい髪から色味の濃い薬剤で色味をいれていきます。

なのでベースの髪の毛が明るいほど色味が入りやすくカラーバリエーションが多くなります!

しかし初めて染める場合はベースが黒なので色味が入りにくくバリエーションが少なくなってしまいます。

1日で希望の髪色にしたい人は初めからブリーチをすることをオススメします!

また人によって髪質が違い、赤味が多い色素の人と黄味の多い色素の人がいます。

日本人には赤味の色素の人が多く透明感が出にくいと言われています。

色素は人によって様々ありますが一つの目安として、

「多毛・硬い髪質・地毛が真っ黒」の人は赤味が多い。
「軟毛・細い毛・地毛が茶色」の人は黄味が多い。

髪の色素は人によって違いますので同じ薬剤を使っても同じ髪色にはなりません!

自分がどっちよりの色素なのかは担当の美容師さんに確認してもらいましょう!

それによってオススメの色味も変わってきます!

<ワンカラーのオススメカラー>

ブリーチをしないでワンカラーで染める場合は何を重視するかによって仕上がりイメージが変わってきます。

色味を綺麗に見せたいのか、
明るく染めたってわかった方がいいのか、

また日数をかけて希望の色味にしていく方法もあります!

『色味重視のカラー』

色味を優先してカラー特有の透明感やくすみ感が出しやすくなります。

明るさがあまり出せない分さりげないオシャレ感があります!

劇的に印象が変わらないので初めてでも違和感なく取り入れやすいです☆

<ブルージュカラー>

画像引用元:https://arine.akamaized.net

赤味を抑えた「ブルージュカラー」
暗髪でも赤味がない分透明感がでます!
しかし初カラーでブルージュカラーは変化が少なく気付かれにくいです。
さりげなく染めた感が欲しい人にオススメです!

<アッシュベージュ>
ベージュ,初カラー

画像引用元:https://arine.akamaized.net

赤味を抑えた「アッシュベージュカラー」
明るさを抑えた分赤味が出にくく透明感があります!
ベージュで茶色味があるので染めた感じは出ます!
初カラーで最も多い色味です。

<ラベンダーアッシュ>
ラベンダーアッシュ,ワンカラー,初カラー

画像引用元:https://www.instagram.com

バイオレッドの色味が特の「ラベンダーアッシュカラー」
ほんのり赤味があり暖かさがある色味です!
赤味の多い人でも出しやすい色味です!

『明るさ重視のカラー』

明るさを重視してわかりやすく見た目の変化がわかります!

染めた感がわかりやすいので劇的なイメチェンになります!

しかし細かな色味が出しにくくもともとの髪質に影響されやすいです。

<ブラウンベージュ>
ワンカラー,初カラー,ブラウン

画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp

黒髪からブリーチを使わずに一番明るい髪色がこれぐらいです!
明るさを重視するには「ブラウンカラー」が一番!
赤味もあまり出ていなくて人気の色味です!

<オレンジブラウン>

画像引用元:https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net

もともとの赤味が強い人は少しオレンジ味が出ます。
また色味が抜けてきた色も少しオレンジかかって抜ける人が多いです。

『日数をかけたカラー』

1日で希望のカラーにするのではなく数日〜数ヶ月かけて染める方法です!

なぜこんな方法をするかと言うと、黒髪からだとできるカラーがかなり限られてしまいます。しかし、1度染めて明るくしていると色味の幅がかなり広がります!

1回目のカラーより2回3回目のカラーの方がいい色がでると言うことです!

ブリーチを使わなくてもいい髪色でも黒髪からだと難しい色もあります。

ブリーチは1度するだけでも痛みますのでブリーチなしでもできるならこの方法がオススメです!

またカラーは日が経つと必ず色味が抜けて明るくなってきます!

なので黒髪から一番明るくしても2回目のカラーの方が同じカラー剤を使ってもっと明るくすることができます!

<ミルクティーベージュ>
ワンカラー,初カラー,ミルクティー

画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp

赤味のないワンカラーでできる 「ミルクティーカラー」
黒髪からでは出せないブリーチなしのハイトーンな透明感がだせます!
ミルクティーカラーはどの世代にも大人気で柔らかなイメージになれます♪

<ピンクバイオレッド>
ワンカラー,初カラー,ピンク

画像引用元:https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net

肌ツヤが綺麗に見える「ピンクバイオレッド」
明るめのピンク系カラーは黒髪からではまず無理です!
一度明るくベースを整えてから入れることで綺麗な色味が出せます!

<ハイトーンカラー>
ワンカラー,初カラー,ハイトーン

画像引用元:https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net

ブリーチなしのハイトーン明るめカラー。
明るめで染め続ければブリーチをしたみたいに明るいカラーにすることもできます!
またカラーは日が当たる表面が一番明るく色落ちします。
色落ちした表面を気にせずハイトーンで染め続けるとハイライトを入れたみたいなオシャレカラーになるかも⁉︎

まとめ

参考になりましたか?

初カラーは期待も膨らみ楽しみですよね!

美容師さんもできる限りお客様の要望に答えます!

しかし美容師さんやカラー剤にも限界はあります。

ダメージを気にしないでブリーチして好きな髪色にするのもよし!

少し我慢してワンカラーにしとくのもよし!

お財布と美容師さんによく相談してこれからいろいろなカラーを楽しんでください☆

コメント