【悩み】髪の毛がハネてしまう原因は?ハネや寝癖の簡単な直し方

髪の毛,クセ,寝癖hair

こんにちは!

毎朝寝癖を直すのは大変ですよね。

朝は時間もないし寝癖を直す為に早起きもしたくないし。

かと言って寝癖のままでは出れないし・・・

寝起きすぐ出かけれたらいいのに!なんてみなさん思っていますよね。

でも寝癖は気をつけて寝ても付いてしまいます。

また寝癖を直したつもりでもハネるなんて人も多いと思います。

実は寝癖以外にもハネてしまう原因があります!

なのでいくら濡らしたりしても正しい直し方をしないとなかなか直りません。

正しいやり方で直せば時間も少なく済みますしスタイリングもしやすくなります!

毎日髪型で苦労しないで気持ちのいい1日が過ごせるようになります♪

髪の毛がハネるのにはいくつかの原因があります!

  • カットによるハネ
  • 寝癖によるハネ
  • 肩や骨格・クセによるハネ
  • つむじによるハネ

それぞれの気をつけ方や直し方がありますのでご紹介します!

またハネてしまうのを諦めている人でも直せるかもしれません!

髪型を決める参考にもなりますので自分のライフスタイルに合った髪型を探している人も是非ご覧ください☆

カットによるハネ

カット

まず大前提にカットが綺麗に切れていないとハネやすくなります!

カットが綺麗に繋がっていなかったり角ができていたりするとハネやすくなります!

いつもは大丈夫なのに今回はハネるってのは完全にカットによるものだと思います!

またカットでハネやすくなる一番の原因は軽くしすぎることです!

軽くしすぎると毛先の厚みがなくなりハネやすく治りが悪くなります。

なので重いからと言ってやたら軽くしてしまうとお手入れが大変になります。

「気持ち重いかな」ぐらいにしておいた方が治りや持ちがいいです♪

軽すぎるメリットは乾かすのが気持ち早いぐらいです!

朝のお手入れを考えると軽すぎるスタイルはあまりオススメしないです。

髪の毛の量が多い人もほどほどにしておきましょう!

しかし全く軽くしないのもハネやすいです!

毛先がパツンと切りっぱなしになって重たいと馴染みにくくなるのでハネる原因になります。

毛先だけであれば軽くなった感はないので重めなスタイルでも毛先だけは少し軽さを出した方が綺麗なスタイルになります!

またレイヤーの段を入れたスタイルもハネやすくなります。

段を入れると抑える毛がなくなったりレイヤーで軽くもなりますのでその分ハネやすくなります。

レイヤーは巻いたりした時に動きが出やすかったりボリュームを出したりできるので普段巻く人にはオススメですが、巻かない人が入れてしまうとハネやすくなるのでオススメではないです。

あまり巻いたりお手入れをしたくない人にオススメなスタイルは『ワンレンのボブスタイル』です!

一切段が入っていない重めなスタイルなのでハネにくくお手入れも簡単です♪

寝癖によるハネ

髪の毛,ハネる,原因

寝癖は髪の毛が短いほど付きやすいです!

特に男性はトップを立たせてボリュームを出すために短く軽く切る人が多いです。

なので男性は必ずと言っていいぐらい寝起きはボサボサになります!w

女性でも楽だからと言う理由で短くする人も多いですが、短くなると寝癖がつくので意外と朝は大変になります。

寝癖でハネる原因は枕で根元が潰れてハネているからです!

根本的な原因は根元にあるのでいくら毛先を濡らしてブローしても直りません!

<ショートの寝癖の直し方>

寝癖を綺麗に直すにはやはり全部濡らすのが一番です!

特に男性やショートの女性は必ず全部濡らしてください!

短い髪の毛は朝起きたらボサボサになっていますのでちょっと濡らすだけでは直りません。

ショートはふんわりとしたボリューム感が大事ですので枕で根元が潰れてしまっていたらふんわりとしたボリューム感はでません!

また潰れた根元にワックスで無理やりセットしても時間が経つと崩れやすく持ちが悪くなります。

全部濡らす時もしっかりと頭皮まで濡れるように時間をかけて濡らしてください!

髪の毛は密集しているのでザッと濡らしただけでは意外と根元までは濡れずに寝癖が直りません。

濡らしているのに直らない人は頭皮まで水が行き渡ってない可能性がありますのでもう少し濡らす時間を増やしてみましょう!

大事な日やバッチリセットしたい時はシャンプーまでするのがオススメです!

夜シャンプーをしても寝ている時に油分が多くなってくるので朝シャンプーをして油分を落とした方がふんわりとしやすくなります!

美容室後はふんわりした仕上がりになっていますよね?

美容室では必ずシャンプーをしています!なので油分が少ない状態でセットしているからふんわりしやすくなります!

自分でするセットと美容師さんがするセットの違いの一つの理由がこれです!

<ミディアム・ロングの寝癖の直し方>

ミディアムやロングの人も一番いいのはショートの直し方同様に全部濡らすことです!

しかし長さのあるミディアムやロングの人は乾くまでかなり時間がかかってしまうのでなかなか難しいですよね。

ミディアム・ロングは長さがある分ショートほど寝癖は目立ちません!

なので全部濡らさなくても霧吹きなどで部分的に濡らすだけでも大丈夫です!

その時の濡らすポイントは毛先ではなく寝癖の強い場所の根元を濡らしてください!

寝癖の原因は枕などで潰れた根元にあります!なので毛先を一生懸命ブローしても根元が潰れたままではハネているのは直りません!

寝癖を直すのにブラシは入りません!ブラシは最後の仕上げのみに使ってください!

根元を濡らしたらドライヤーで頭の丸みに沿っていろいろな方向に髪の毛を動かしてください!

頭を撫でるようにして左右大きく動かすのがポイントです!

いろいろな方向に大きく動かすことによって頭の丸みで髪の毛が伸びてブローの代わりになり根元が立ち上がります!

この時に濡らしていないとこも一緒に動かしてください!

全体にドライヤーをかけることで全体的にふんわりと仕上がります!

ロングで目立った寝癖がなくても濡らさずにドライヤーを当てるだけでふんわりと根元が立ち上がるので巻き髪も長持ちしやすくなります!

<前髪・トップの分かれ癖の直し方>

前髪はずっと同じ位置で分けていたりすると分かれ癖がついてしまいます!

一度分かれ癖がついてしまうとなかなか直すのが大変です。

分かれ癖がつかないようにするにはこまめに分け目を変えることです!

しかし分かれやすい前髪も意外と簡単に分かれにくくする方法はあります!

前髪の分かれている根元を濡らして乾かすだけで消えてくれます!

この時ドライヤーは上から当てて分かれ目を擦りながら乾かしてください!

これだけでパックリ分かれた前髪も綺麗に治ります!

前髪を乾かす時は常にこの方法で乾かすのがオススメです!

トップの分かれ癖もこの方法で分かれにくくなります!

トップに分かれ癖がついてしまうとボリュームが出なくペタンとしてしまうので毎朝この方法でボリュームを出すのがオススメです!

分かれ癖は長年同じスタイルや癖・お手入れの仕方などで付きやすくなってしまいます。

スタイルを変えて分け目を変えるのも大事ですが、乾かし方や乾かす時間などのお手入れにも気をつけるポイントがあります!

乾かし方は先ほどの乾かし方で大丈夫です!

あとは乾かすまでの時間はできるだけ短い方がいいです!

濡れた髪の毛は結構重くなります。特に長さが長いほど重くなります。

さらに表面の分け目は乾くのが早いので濡れたまま時間をおいてしまうと根元が自然乾燥で乾いてしまいます!

自然乾燥で乾いてしまうとより分け目がついてしまうのでお風呂上がりはなるべく早く乾かすようにしてください!

肩や骨格・クセによるハネ

髪の毛,ハネ

髪の毛は障害物があるとハネてしまいます。

なので肩についてしまうとどうしてもハネます。

伸ばしている人でも肩に付く長さでハネてしまい我慢できずに切ってしまう人も多いです。

特に直毛の人やストレートをかけている人は毛先が真っ直ぐなのでよりピンっとハネてしまい目立ちます。

直毛やストレートをかけているの人はミディアムの長さにする場合はハネやすくなるので注意してください!

肩に付いてハネなくするにはカットだけでは直せません。

カットだけで直すには肩につく前に切るしかありません。

肩に付いてハネないようにするのはなかなか難しいですが、ハネても目立たなくする方法ならあります!

それは、巻いたりパーマをかけて全体に動きをつけるようにすると肩でハネていても目立たなくなります!

一部分だけハネていると目線がそこに集中しますが、全体に動きが付いているとハネさせたスタイルとして見えるので誤魔化せます!

なので肩に付いてハネやすいミディアムの長さは特にパーマかけるのがオススメです!

また障害物は肩だけでなく顔にもあります!

これはくせ毛の人に多いですが、前髪が伸びてくるとハネてしまう人もいます!

元々くせ毛のカールが付いている人は頬骨や眉の障害物で反ってしまいハネやすくなります!

特に湿気の多い日はくせ毛がより強くなるのでさらにハネやすくなります。

これをハネにくくする方法はドライヤーで左右に動かして乾かすとくせ毛が伸びて治りがよくなります!

ハネていなくても前髪のクセでお悩みの人でも使えるテクニックです!

つむじによるハネ

髪の毛,つむじ

意外と知られていないのがつむじもハネる原因になります!

皆さん左右どちらの髪の毛がハネやすいですか?

多分右側がハネやすい人がほとんどだと思います!

しっかり乾かしたのにハネるって人はつむじの影響かもしれません!

毛先の治りはつむじにも関係があります!

ほとんどの人のつむじは右回転の人が多いです。そのため全体的に右にハネやすくなります!

左側は右にハネて内巻きになりやすいですが、右側は右にハネやすくなります。

右側が前にハネるのもこれが原因です。

つむじが左回転の人はなかなか珍しい人です!左回転の人は逆に左側がハネやすくなります!

ブローやコテで直してもなかなか直らないってお困りの人も多いと思います!

つむじによるハネは普通にブローや巻いてもなかなか直りません。しかし巻き方を少し変えるだけで直すことができます!

その巻き方とは、ハネている逆向きに巻けばいいだけです!

ハネた方向の逆に同じハネる力を与えると真ん中に治るってことです!

右にハネると言っても多くの人は毛先が前向きにハネている人が多いです。

その逆なので後ろに毛先が向くように巻けばちょうどいい内巻きに戻ってくれると思います!

やり方はコテやブラシを縦にして内巻きの巻き方で毛先を後ろに持っていけば簡単です!

この巻き方はハネている側だけにしてください!

ハネていない方はいつも通りで大丈夫です!

なので多くの人が左側はいつも通り内巻きに、右側は後ろ向きに巻くと綺麗な内巻きスタイルになると思います♪

まとめ

髪の毛はカットが上手に切れていても寝癖がついたりハネたりします!

また髪型によってもハネやすいスタイルもあります!

寝癖は髪の毛が短いほど付きやすくなるので朝のお手入れは大変になります。

ショートの人はボリューム感が大事ですので一度朝全体に濡らして寝癖を直すとふんわりとした髪型になります!

ロングの人は寝癖が目立たなくても朝少し直した方がセットしたスタイルが長持ちしやすくなります!

またハネる原因は寝癖だけでなく、クセやつむじなどによるハネ方もありますので正しい直し方でしっかりと直しましょう!

時間のない朝でもしっかり正しい直し方でクセを直して気持ち良く出かけましょう♪

コメント