パーマをかける前に!パーマの種類・特徴・注意事項

hair

こんにちは!

皆さんはパーマをかけたことはありますか?

・パーマは楽
・すぐにとれる
・傷む

などいろいろなイメージがありますよね?

またパーマもたくさん種類があってどれで予約をすればいいかわからないって人も多いのではないですか?

そこで今回は「パーマ」についてご説明します!

パーマは朝が楽?

パーマをかける多くの人が「楽になるから」という理由でパーマをかける人が多いです!

これは間違いではないですがスタイルによります!

スタイルによっては意外とめんどくさかったりするので一概に楽とは言えません。

撮影,スタイル,パーマ

左の「ワンカール」のパーマですと、綺麗に内巻きになっていないといけません。

しかし一部分だけハネてたりすると「寝癖」になってしますのでしっかりと内巻きになるようにブローが必要になります!

寝癖を直すには根元を濡らさないと直らないので結局大変になります。

一方、右のスタイルはランダムにいろいろな方向に毛先の動きを出すので多少ハネていてもそれがスタイルングになり誤魔化せます!

なので楽さを求めてパーマをかける人は右のスタイルのようなミックスでかけるのをオススメします!

でもパーマをかけたからといって何もしなくていいというわけではありません!

ちゃんとスタイリング剤でセットしないとカールもなかなかでません!

スタイリング有りきのパーマなので毎日セットは必要です!

パーマはかけ続けた方が持ちがいい!

パーマは髪質によってかかりやすい人とかかりにくい人がいます!

また髪質によっても持ちの長さが異なります。

一つの例として、クセ毛の人はもともとのクセもあるのでパーマの持ちがいいです。なかには切るまでとれないって人もごく稀にいます。

逆に直毛の人はとてもかかりにくくとれやすい人が多いです。かかったとしてもすぐとれやすいです。

しかしパーマがとれても諦めないでください!

パーマはかけ続けることで定着して持ちが良くなっていきます!

初めてのパーマや久しぶりのパーマは皆さんとれやすいです!

多くの人が一回かけてとれたら諦めてしまう方が多いです!

そこで諦めてしまったらまた次かける時も0からのスタートになってしまうので一向に持ちが良くなりません。

パーマはとれてからかけるのではなく、とれかけでまた次をかけるのがベストです!

なので初めてかける人もとれたらすぐまた2回目をかけてください!

また今パーマがかかっている人は完全にとれる前に次のパーマをかけて持ちを良くしていきましょう!

何パーマでかければいいの?

パーマにはいろいろ種類があります!

お店によってパーマの名前も違うので何で予約すればいいかわかりませんよね。

安いメニューのものから高いメニューのものまでいっぱいあります!

それぞれスタイルによって適したパーマがありますので決して金額だけで選ばないようにしてください!

お店によって様々なパーマがありますが大きくわけると2種類になります!

「水パーマ」と「熱パーマ」です。

水パーマとはロッドで巻いたあと液体の薬でかける一般的なパーマです。
熱パーマとはロッド自体を熱で暖めてパーマをかける「デジタルパーマ」です。

<水パーマ>

多くのパーマメニューはこの水パーマが多いです。

かけたけどすぐとれたって経験がある人はこの水パーマでかけた人が多いと思います。

一番の特徴は濡れている時にパーマがでて、乾かすと伸びる性質があります!

髪の毛が細い人だと乾いた時に伸びやすいので乾かし方が難しいです。

またロングの人だと長さの重みでも伸びやすいです。

水パーマは男性と女性のショート〜ミディアムの長さでウェットヘアのスタイルにしたい人がオススメです!
また、ショートでトップにボリュームが欲しい人も水パーマがいいです!

<水パーマのオススメスタイル>

スタイル,撮影,パーマ

<熱パーマ>

一度は聞いた事がある「デジタルパーマ」のことです。

メニュー名に「熱」「低温」などの言葉が書かれていたら熱パーマの可能性が高いです。

料金も水パーマよりちょっと高めです。だいたい1万円前後ぐらいのサロンが多いと思います。

特徴はドライヤーで乾かしながら形を作ることでしっかりとしたカールがでる!

ロッドに直接熱をあててかけていくので強くしっかりとカールがつきます!その分ダメージもかかります。しかし最近は熱パーマもどんどん新しくなっているので低ダメージのデジタルパーマもあり、ダメージを気にしなくてもかけれる薬剤もあります!

ロッド自体がかなり熱くなり根元にはかけれないので男性やショートスタイルには不向きです。

ミディアム〜ロングの人にオススメで、ワンカールやゆるいクセ毛風カールには熱パーマがベストです!
またカラーやパーマをかけたことのない健康な髪の毛の人にも熱パーマなら一回でしっかりかかります!

<熱パーマのオススメスタイル>

スタイル,撮影,ロング,パーマ

カラーとパーマはどっちが傷む?

これはお客様によく聞かれることです。

一概にどっちとは言えませんが、個人的にはパーマの方が傷むと思います。

カラーは染めた直後は染料でコーティングされてトリートメントをしなくてもツヤがでます!

しかしパーマはウェーブが付く分パサついて見えやすくなります。

なので見た目だけで言うとパーマの方が傷んだ感じはします。

そもそも髪の毛の形を無理やり変えることになるので負担はかかると思います。

なのでパーマをかけている人はよりケアをしっかりしてください!

パサパサな髪の毛にパーマがかかっていると余計に傷んで見えちゃいます。

パーマをかけるにあたっての注意点!

パーマには相性があります!

髪質・スタイルの相性はもちろん、メニューにも相性があります!

縮毛矯正(ストレート)をしている、もしくはストレートの毛が残っている人は絶対に水パーマでかけてはいけません!!!

これは未だに知らない美容師さんもたまにいます!

縮毛矯正の髪の毛に水パーマで無理やりかけてしまうとチリチリになってしまい取り返しのつかないことになってしまいます!

縮毛矯正の残っている髪の毛にはデジタルパーマしかかけれません!

「低温の熱形成パーマ」とかではダメです!デジタルパーマ一択です!!

なので縮毛矯正を過去にしたことがある人は必ずカウンセリング時に美容師さんに伝えて相談してください!

ブリーチをしている人は一切パーマはNGです!

そもそもブリーチでかなりダメージがかかっている髪の毛にパーマなんかかけたら髪の毛が死んじゃいます>_<

チリチリになってスタイルどうこうってレベルではなくなります。

ホームカラーをしている人もパーマはやめた方がいいです!

市販のカラー剤とパーマ液の相性は最悪です!

これは絶対にかけれないってわけではありませんが、パサついた仕上がりになります!

もしかけるのであればダメージは覚悟しておいてください!

またホームカラーとパーマをずっと続けていると傷みすぎてもうパーマがかけれないってなる人もごく稀にいます。

なのでホームカラーは本当にやめてください・・・(美容師からのお願いです。>_<)

本音を言うと・・・

ぶっちゃけ・・・仕上がりだけで言うとパーマより巻いた方が綺麗です。。。

巻いた方が毛束も自由に作れますしトップからウェーブも作れます。

ですが巻くのが苦手な人や朝時間がない人には巻く手間が省けるのでパーマはオススメです!

また毎日巻くよりパーマをかけちゃった方がダメージも少なく済みます!

他にも巻いてもすぐとれちゃうと言う人にも軽くパーマをかけておけば巻いた時の持ちも良くなるのでオススメです!

特に容姿を仕事とする夜職の人にも人気です!

まとめ

パーマは髪質・スタイル・ダメージによってオススメのかけ方があります。

安さだけで選ぶと手入れが大変になったり、すぐとれてしまったりダメージがかかってしまうのでどのパーマメニューがいいか美容師さんと相談して決めてください!

また髪の状態を無視して無理にパーマをかけるのはやめましょう!

カラーの色を変えるのとは違い、パーマで失敗したらなかなか直せません。

しかし、スタイルに合ったパーマやケアをしっかりしていればパーマスタイルはとても楽です!

巻くのが苦手な人や朝時間がない人、ワンランク上のオシャレがしたい人などにオススメです☆

コメント