【サロン料金】予約時の金額と違う⁉︎美容室の料金設定

サロン,お会計hair

皆さんは美容院でいくら使っていますか?

また料金はいくらかかるか把握してから美容室に行きますか?

美容院の料金設定はサロンによって様々です。

高いサロンもあれば安いサロンもあります。

料金だけで美容室を選んでしまうと後悔してしまします。

しかしお金は大事です!美容室を選ぶ基準はまず金額からって人も多いと思います!

安い美容室を選んだつもりでもいざお会計になったら意外と高かったって経験をされた方も多いと思います。

今はネット予約が主流で簡単に予約できますよね。

メニューも料金もいちいち電話で確認しなくてもわかります。

しかしネットに全ての情報が載っているわけではありません!

ネットには文字制限もあるのでサロン側も全部は載せれないのです。

またロング料金などお客様によって料金も変わりますので○○円〜としか書けないのです。

そんなややこしい美容室の料金設定についてご説明します!
※サロンによってシステムは変わりますのであくまで参考としてみてください。

髪の長さで料金が変わる

お会計,お金

美容院では予約時の料金より高くなることがほとんどです。

カットのみやメンズなどは料金が上がることは少ないですが女性の場合ロング料金でほとんどが上がります。

ロング料金もサロンによって金額も様々です。

またミディアム・ロングなど長さによっても料金が変わります。

中にはミディアムでもロング料金を取られる人もいます!

なぜ長さで料金が変わるのか・・・

それは使用する薬剤の量が多くなるからです!

髪の長さが長いほど薬剤を多く使用するのでコストも多くかかってしまうのです。

なので髪の毛量が多い人はさらに薬剤の量が増え、通常の長さ料金よりもさらにコストがかかり高く取られる場合もあります。

ロング料金を判断するのは担当した美容師さんです。

大まかな目安はありますが微妙なラインは美容師さんの判断で決まります。

なので髪の毛の長さ・量の判断は美容師さんによって様々で、同じ長さでもサロンによっては長めに判断される場合もあります。

同じサロンなら長さが変わらなければ担当者が違っても料金が変わることはあまりないです!

また、サロンによってはおしゃれ染めより白髪染めの方が料金が高いところもあります。

白髪染めは頭皮にべったり薬剤をつけるためおしゃれ染めより多く薬剤を使用します。

なので白髪染めの料金設定が高くなっているのです。

最近では「ロング料金なし」ってサロンも多くなってきています!

この場合均一でミディアム料金ぐらいの設定になっている可能性があるので、髪の毛の長い人はお得かもしれませんが逆に髪の毛が短い人は損をするかもしれません。

ダブルカラーのロング料金に注意!

ダブルカラー,髪の毛,長さ

ダブルカラーとは、その名の通り2回カラーをすると言うことです。

ハイトーンでブリーチをして明るくするにはダブルカラーをしないといけません。

ダブルカラーで予約をする際、予約メニューは「ダブルカラー」などと書かれているメニューを選ぶと思います。

メニューだけ見ると1つのメニューですがカラーは2回します。

2回カラーをしますのでもちろんロング料金も2倍になってしまいます。

ロング料金が¥1,000の場合、2倍になりますので¥2,000・・・

結構かかります・・・

なので予約時の金額から結構上がってしまうので気をつけてください!

追加・変更メニューで変わる

美容院,トリートメント

美容院では当日サロンでメニューを追加したり変更したりしますよね。

もちろんメニューを追加すればお金がかかります。

よくあるのがシャンプー台でトリートメントやヘッドスパを追加することがあります。

トリートメントやヘッドスパにもたくさん種類もあり料金もバラバラです!

シャンプー台で料金を確認してもメニューと合わせると結構いってたってこともよくあります!

心配な人は全部の合計メニューも確認しましょう!

シャンプー台でも聞けば教えてくれます!

予約時にメニュー内容がわからない時はとりあえず安いメニューで予約するって人もいます。

いくら安く抑えたくてもそのスタイルにあったメニューでないとできないこともあります!

実際によくあることが、ストレートをしているお客様がパーマをかけたくて普通のパーマのメニューで予約されてきます。

ですが、ストレートの髪の毛にはデジタルパーマでしかかかりません!

なので確実にメニューを変更しなくてはなりません!

普通のパーマですと約4〜6千円ですがデジタルパーマに変更すると約1〜1,5万円ぐらいかかります!

予約した金額の約倍です!

パーマは特にメニュー変更が多いです!

一般の人がメニューだけみて判断するのは難しいです!

安さだけで選んでしまうとすぐ取れたり失敗しやすくなりますので逆に高くついてしまう可能性があります!

なのでパーマをかける時は変更になるのも覚悟しておいた方がいいです。

同じ薬剤でもサロンによって違う

薬剤,カラー剤,トリートメント剤

美容室の薬剤はサロンによって取り扱っている薬剤が異なります。

ですが、同じ薬剤もあります。

例えば、今話題の「イルミナカラー」

かなり有名なカラーで一般の人も知っているぐらいです!

皆さんも聞いたことがあると思います!

イルミナカラーというのはカラー剤の名前です!

有名なので名前だけで集客にもなります!

もちろんカラーとしての効果も素晴らしいです!

今ではほとんどのサロンはこのカラー剤を取り扱っています。

しかし同じカラー剤でもカラーの価格は全然違います!

カラー剤が同じであれば原価も同じなはずなのにどうしてこんなに違うのか!

美容院での料金はほとんどが技術料です。

なので原価自体は一緒でも技術料で金額の差がでます。

同じ名前のメニューでサロンによって金額が違っていても薬剤自体は同じなので薬の効果は変わりません!

ですがカラーやパーマは薬剤だけが良くても意味がありません!

それを使う美容師さんの腕が良くなければいい薬剤を使っても可愛いスタイルにはなりません!

結局は技術になります!

だから技術料が高くなってしまいます。

カラーやパーマは技術が必要ですがトリートメントはあまり技術は必要ないです!

トリートメントはほとんどアシスタントがやりますので技術よりトリートメントの効果の方が大事です!

なのでトリートメントは高いサロンでも安いサロンでも一緒です!

まとめ

美容室の料金設定はサロンによって様々です!

予約時の金額から上がることは良くあります。

初回のクーポンが安くなっていてもロング料金や追加メニュー・変更メニューによって結局高いお金を払うことになります。

ロング料金は書いてあってもなかなか細かくは見ない人も多いです。

今はネットで簡単に予約ができる時代ですがお店の人とコミニュケーションが取れない分正確な金額もわかりません。

なのでお会計時にもめないようにそのお店がどうゆう料金設定かをしっかり把握しておかないといけません!

美容室は技術を売る仕事です。

お金も大事ですが金額だけで選ばずにいろいろ見極めて自分のサロンを見つけてください☆

コメント