【ストレート】癖毛でもなりたい髪型にできる⁉︎縮毛矯正をかける前にストレートを知っておこう!

ストレート,縮毛矯正,スタイル,撮影hair

こんにちは!

年末に近づいてきてストレートをかけるお客様が多くなってきました!

ストレートは定期的にかけていかないと逆に手入れが難しくなってしまいます。

その中でも年末にかける人が多いです!

お正月は親戚が集まったりで人と会う機会が多くなりますから年越し前に綺麗にする人が多いです!

そこで今回は「ストレート」についてご説明します♪

今現在ストレートをかけている人や今からかけたい人なども参考に見てください!

ストレートとは?

ストレート,縮毛矯正

「ストレート」とはクセ毛を伸ばして真っ直ぐにするパーマメニューです!

パーマと言っても普通のカールを付けるパーマと料金も時間も全く違いますので予約するときは「ストレート」で予約してください。

美容室によっては「ストレート」と言うとこもあれば、「縮毛矯正」と言うとこもあります。

言い方の問題なので基本的には同じです!

しかしアイロンを使わずに薬剤だけで収まりを良くする「ストレート」もあります。

これは真っ直ぐにするより収まりを良くするだけです。パーマをとったりするメニューによく使われます。

クセが気になる人にはこのストレートではあまり効果ないです。

ストレートには一応2種類のかけ方がありますが、一般的に皆さんがイメージしているのは真っ直ぐにするストレートの方です。

美容室によっては、アイロンを使って真っ直ぐにするのを「縮毛矯正」、薬剤だけで収まりをよくするのを「ストレート」と分けているサロンもあります。

最近では薬剤だけのストレートはあまり需要がないので、予約するときは「ストレート」「縮毛矯正」どちらで予約しても真っ直ぐにしてくれると思います!

ストレートのメリット・デメリット

ストレート,縮毛矯正

ストレートは薬剤とアイロンで強制的に真っ直ぐにしますので朝の手入れはとても楽になります!

しかしいい面もあれば悪い面もありますのでよく考えてかけないと後々が大変になります。

ストレートのメリット・デメリットを理解して後々後悔しないようにしましょう!

<ストレートのメリット>
  1. 癖毛が真っ直ぐになる
    一番の目的は癖を伸ばすことです!癖毛を伸ばして真っ直ぐにしてくれます!
  2. 手入れが楽になる
    薬剤とアイロンで強制的に真っ直ぐにしますので寝癖も付きにくく朝のお手入れが楽になります!またセットも真っ直ぐにするだけですのでコテなど使わずにセットできます!
  3. ボリュームが減る
    癖毛が真っ直ぐになるとボリュームも無くなります!なので癖毛で広がりやすい人でも収まりがよくなり広がらなくなります!また量が多い人もボリューム感が抑えられるので少なくなった気もします!
  4. 手触りがよくなる
    癖毛の人はカールが付いているので手触りもガサガサとしてあまりよくないですが、ストレートをかけると真っ直ぐなりますのでサラサラな手触りになります!
  5. ツヤが出る
    ストレートかけたてはアイロンの熱で髪の毛がコーティングされてツヤがでます!また薬剤でもコーティングされますので静電気が起きにくくなり細かいアホ毛なども抑えられます!
<ストレートのデメリット>
  1. ダメージが強い
    一見サラサラ・ツヤツヤになるので髪の毛が治った感じはしますが、ストレートは高温の熱を当てて真っ直ぐにしますのでダメージはかなりあります!なので時間が経ってくるとパサつきが目立ち手触りも悪くなってきます。
  2. パーマがかけれない
    ストレートをかけた髪の毛にはパーマはかけれません!しかも一度ストレートをかけたら半永久的に真っ直ぐになりますのでパーマをかけるにはストレートがかかっている髪の毛を全部切らないといけません。もしパーマをかけるのであれば『デジタルパーマ』であれば大丈夫です!デジタルパーマ以外のパーマでかけるとチリチリになるので絶対にかけないでください!
  3. カラーが明るくなりにくい
    ストレートは熱でコーティングされるのでカラー剤の反応が悪くなります。なので赤味がでやすくなったり、明るくなりにくくなったりします。でも「少し」のことなのでそこまで気にしなくても大丈夫です!
  4. ペタンコになる
    髪の毛が細い人がストレートをすると癖毛のボリュームがなくなる分ペタンコな仕上がりになります。こうゆう人はなるべくボリューム感を残すため根元を空けてかけるといいです!
  5. 伸びてきた癖毛が気になりやすい
    ストレートをかけても伸びてくる毛は癖毛です。毛先が真っ直ぐな分伸びた根元の癖毛はより目立ちやすくなります。また根元が伸びてきたら気になるので辞めれなくなります。

こう見るとストレートのデメリットは結構ありますが、癖毛で悩んでいる人はとにかく癖毛をどうにかしたいと思う人が多いです!

癖が強いとセットも大変ですし髪型にも制限があります!

なので本気で悩んでいる人にはストレートはすごくオススメです☆

ですがパーマもかけたいとかカラーの方が大事って人はかけない方がいいです!

後々のことも考えてからストレートをかけるようにしましょう!

ストレート後の注意事項

ストレート,縮毛矯正,ヘアピン

ストレートの施述後には少し注意事項があります!

美容師さんからも言われるとは思いますがもう一度確認としてみてください!

<1週間は縛ったりしないこと>

どのメニューにも言えることですが、薬剤が定着するまでには少し時間がかかります。

ストレートは一旦髪の毛を薬剤で柔らかくしてからアイロンで真っ直ぐにしていきまた固めていきます。

その際完全に固まるまでに約1週間ほどの時間がかかります!

※柔らかいと言っても見た目などではわからないので安心してください!

その定着期間にヘアピンやゴムなどで縛ったりしているとピンやゴムの折れた跡が付きやすくなります!

なのでなるべく1週間はなにもしないで降ろしているのが一番いいです!

でも絶対ダメってわけではないので、もし縛るときは「シュシュ」など力の弱いもので縛るのをオススメします!

また1日中縛りっぱなしではなく定期的に外して休ませる時間も作ってください!

<必ず乾かして寝ること>

乾かしてから寝ることはストレート後というより毎日のことです!

特にストレート後は髪の毛が柔らかくなっていますのでダメージも受けやすくなっています!

なのでしっかりキューティクルを閉めて寝てください!

ストレートをかけるタイミング

ストレート,縮毛矯正

ストレートはかなりダメージのかかるメニューです!

なので頻繁にかけるものではありません。

基本的には根元の癖が伸びてきたらかけますが、ある程度伸びてこないとアイロンが当てれないので早い人でも約2〜3ヶ月は空けた方がいいです!

癖がものすごく強い人であれば約3ヶ月ペースでかけた方がいいですが、それほど強くない人であれば3〜4ヶ月ぐらいのペースでも十分です!

また毎回全体にはかけずに根元の伸びたとこだけでも十分です!

毛先は半永久的に真っ直ぐにはなっているので癖自体は気にはならないと思います!

しかし、カラーと一緒で時間が経つとパサついて見えてきます!

なのでたまに全体にすとをかけてツヤを出すことも大事です!

目安としては1・2回間に根元だけにして毛先は休めましょう!

ストレートをかけるオススメの時期は、癖毛が一番気になりやすい梅雨前です!

湿気は癖毛の天敵なので雨が多い梅雨に入る前は必ずかけた方が楽になります!

梅雨時期を基準に自分のかける周期を考えていくのがオススメです!

ストレートの料金・時間

サロン,お会計

ストレートをかけるにはお金も時間もかかります。

ストレートの金額は1〜1.5万円ぐらいです。

さらにカット+ロング料金+トリートメントなどで2万円ぐらいは最低かかるところが多いです。

初回クーポンなどで安く行くのもいいですが、ホームカラーやハイダメージ毛の人は特に慎重に選んだ方がいいです!

ストレートで失敗してしまうとチリチリになったりかけ直しでさらにダメージがかかったりしてしまいます。

ホームカラーやハイダメージ毛の人にかける場合は特に経験と技術がいります!

どうせ高いお金を払うなら信用しているところでかけるのをオススメします!

ストレートは時間も長いです!

カット+ストレートで約3時間はかかります!

ストレートは手作業で細かくアイロンをしないといけないのでどうしても時間がかかってしまいます。

スタッフが揃っているサロンでは2人でやってくれるところもありますが忙しかったりすると1人作業になりますので時間は覚悟しておいた方がいいです。

またアイロン中はじっとしていないといけないのでドッと疲れも出ると思いますので大変です。

時間を忘れるぐらい楽しく和ませてくれる美容師さんに当たるといいですね♪

ツンツンな毛先にならないかけ方

ストレート,縮毛矯正

ストレートは毛先までツンツンの真っ直ぐになってしまうとゆうイメージがありますよね?

しかしそれは昔の話です!

今は薬剤も美容師技術も進化していてストレートでも柔らかさが出せます!

それぞれ美容師さんのこだわりのかけ方などはあると思いますが一般的なツンツンにならないかけ方をご紹介します!

<薬剤・タイムでコントロールする>

2回目以降の全頭ストレートをかけるに根元と毛先を同じ薬剤ではかけません!

毛先はすでにストレートはかかっていますしダメージレベルも全然違います!

なので毛先は弱い薬剤でかけていきます!

その際に毛先の薬剤の反応をあえてあまめにしておくとしっかりは伸びずにゆるく癖が残ってツンツンにかかりすぎるのを防げます!

また同じ薬剤を使う場合も時間で調節できます!

初めてのストレートでも中間から毛先は時間差をつけた方が自然な仕上がりになります!

<毛先はかけない>

ロングの人や癖が少ない人には毛先をかけないやり方もあります!

一番癖か気になるのは根元の生え際です!

なので半分までかければ癖もボリュームも収まるので毛先はかけない方が自然な仕上がりになります!

毛先にダメージも一切かからないのでオススメです!

しかし癖が強い人は毛先にカールが残ってしまいますのでストレートスタイルではなくなってしまいます。

ストレートスタイルよりパーマスタイルに近くなりますのでそれも可愛いです♪

<ストカール>

癖を伸ばすメニューには「ストカール」というメニューもあります!

これは根元はストレートで癖を伸ばして毛先はデジタルパーマでカールをつけるメニューです!

毛先にパーマをかけるのでツンツンにはならずにおしゃれなカールを作ることができます!

オススメはミディアムのボブでストレートをかける人にオススメです!

ボブの長さでストレートをかけると伸びた時に肩についてハネやすくなります。

毛先にカールをつけておくと肩についても内巻きになってくれるのでハネなくなります!

最近のスタイルはナチュラルな自然感がトレンドですのでストレートのツンツンな毛先ですと固くなりすぎてしまいますのでなるべく自然な毛先になるかけ方がいいです!

かけ方次第でツンツンにはならずに自然な仕上がりになりますので毛先の心配はしなくてもストレートをかけることができます!

担当の美容師さんに相談しながらかけてもらいましょう!

オススメのストレートスタイル

ストレート,縮毛矯正,ロング,スタイル,撮影

ストレート×ロング

ロングのストレートスタイルです。根元から毛先まで真っ直ぐのストレートですが毛先の柔らかさは残して自然な仕上がりに!

ストレート×ボブ

ボブのストレートスタイルです。根元はしっかりとストレートで毛先はツンツンにならないように内巻き。肩に近いボブスタイルはストレートだとハネやすいので「ストカール」がオススメ!

まとめ

いかがでしたか?

癖が強い人にはストレートはお手入れがとても楽になりオススメです!

しかしストレートにはメリットもあればデメリットもあります。

ストレートをかける前はよく美容師さんと相談しながらかけるようにしましょう!

コメント